人気ブログランキング |
2009年 12月 24日
déplacement de la terre 001
つちのいえのために、彫刻棟のまえに1年以上前から仮置きさせてもらっていた1トン土嚢4つを動かさないといけない。
加えて、来年は京都国立近代美術館の前庭に、土嚢をずらりと並べないといけない。
科研でも「動く土リサーチプロジェクト」というのを思いついて提出したし、このところ、土嚢のある風景が気になっている。
d0141644_1438546.jpg
d0141644_14385850.jpg

MERP 001
place: 34°56'N, 135°40'E(京都市西京区大原野石見町、善峰川と丹波街道の出会い)
date: 2009/12/24

-------------------------------
12月24日、彫刻棟のまえに1年以上前から仮置きさせてもらっていた1トン土嚢4つを、つちのいえの作業現場に移す。

9月にフォークリフトの免許をとっておいてよかったと痛感。

塀の支柱の間隔は1m。土嚢の幅は1.2m。柱のあいだから土嚢は通らない。
結局、柵ははずさずに、リフトを上までもちあげて、パレットごと落とす方法をとることに決定。

芸大のトヨタ製のフォークリフトは、100%ゴムタイヤなうえ、2段階チルト式で、ツメの部分だけが動くようになっているすぐれもの。
道具はいいものをそろえよ、というものづくりの現場の鉄則が生きている。
ディーゼル用の軽油がなくなっていたので、秋山陽先生が買いに走ってくれ、長谷川直人先生がリフト操作を適確に指示してくれた。

ノーナンバーのフォークリフトに土嚢を積んで、大学のそとの公道を120mほど移動。
高さ2mほどの柵越えに、4つの土嚢を順に、ドサリ、と地面に落とす。

ずっと心配の種だったが、比較的スムーズにことを終えて、ほっと胸をなで下ろす。
これで、つちのいえの作業は、一つの山を越えた。

仕事であれ、人との関係であれ、
何事によらず、必ず「その日」はやってきて、「それ」は終わる。

(自分が作業していたので、写真記録は学生にまかす⇒*
by peuleu2 | 2009-12-24 23:35 | 動く土


<< travaux de bamb...      de Tokyo à Niigata >>