人気ブログランキング |
2010年 02月 03日
Monsieur Numba décédé
d0141644_227749.jpgd0141644_2295150.gif

難波道弘氏が、2010年2月3日午前2時頃、亡くなられた。
夕方、岡山の小野和則さんから電話で連絡が入った。
しばし、その場に立ち尽くした。

難波さんは、おそらく近代日本の最後の経済人にして茶人、美術愛好家、目利きといえる人物。
そして、そもそもの僕の美術活動の終生のテーマ「時間のレッスン」も、難波さんとの出会いから生まれた。
パリから帰国後再開したこのブログも、難波さんの工場から始まる。

難波さんのまわりでは、寛次郎の陶器も、ガラクタのおもちゃも、万物が等価にそれぞれの余生を楽しんでいた。
そして、難波さんは、80余歳を越えてなお、疲れを知ることなく、無限に泳ぐことができた。
その姿は、僕に、美術でやるべきことを示唆してくれた。

17年前の初個展といえる「時間のレッスン」は、外見は難波さんのコレクション展のかたちをとりながら、内実はすべてを意味と価値の無政府状態に送り込むインスタレーションだった。僕は、美術だけでなく、この世の外に出ようとしていた。

   この展覧会は
   ある茶人にして蒐集家のN氏の協力を得て
   人・モノ・作品を問わず
   万物が等しくその中に浮かぶ時間についての
   ささやかなレッスンとして
   構成される


難波さんは、僕の乱暴な申し出を快く受入れて下さり、展覧会後は、染織工場跡を小野和則さんといっしょにアトリエとして使わせて下さった。そのおかげで、僕は岡山時代を生き延びることができた。

元気な難波さんと最後にお会いしたのは、2008年5月に小野さんが企画した茶会のときだった。

今はただ、あの世をまたも延々と泳ぐ難波さんの姿を思うしかない。
by peuleu2 | 2010-02-03 23:59 | その他


<< neige et sculpture      2.5 dimension 2010 >>