人気ブログランキング |
2010年 03月 30日
déplacement de la terre 005
沓掛インターの建設工事が急ピッチで進行している。
OAPの助成金申請書づくりで疲れた頭で、柵の中に入り込んで、係員に怒られる。
d0141644_12214024.jpg
d0141644_12205737.jpg
d0141644_12282154.jpg
d0141644_12222996.jpg
えぐられた大地の斜面ごしに、勤め先の芸大の博士課程棟の建物が見える。
先日、疏水の撮影で委員会を欠席したときに、欠席裁判で次期委員長に選ばれてしまった。
芸大の教員も学生も内向きで、自分たちの真横で起きている風景の変化には無関心だ。
なんだか嫌気がさしてきた。
この風景を見たとき、何かが自分の中でぷつりと切れた。
d0141644_12325863.jpg

見せたくないものを隠す「美的なもの」。その奥に土木作業現場。その向こうに芸大博士棟。
美術を志す前、僕はじつは、柵の向こうの建設作業的なものに漠然と魅かれていた。
今もそれはある。ただむやみに破壊し、むやみにつくりたい。
わけのわからない衝動。
きれいごとなど、決して言えない。

MERP 003-2
place: 34°58'N, 135°39'E(京都市西京区大枝沓掛町)
date: 2010/03/30
by peuleu2 | 2010-03-30 23:58 | 動く土


<< Au revoir, la M...      chauffer >>