2010年 06月 30日
@KCUA Café_7: dresser l'échafaudage
d0141644_375181.jpg
「(6月28日)
河本信治様
お世話になっています。
別件ですが、前庭に張る例の解体工事用シートの風による倒壊の可能性の問題について、先日、協力業者の吉井工務店と現場で検討した結果、単管ではなく幅120cmの堅牢なビティ足場(枠組足場の一種)を組むことで、倒れる危険を回避できるという結論を得ました。枠組足場は、ビル建設や土木工事などの場合に使用されるものです。(私自身は「夢中です」の防音シートが鳥居の下で風で舞うのは面白いと思っているのですが(笑))
吉井工務店と私が、化粧石板に傷つけないよう、また構造の強度と入口へのアプローチを考えながら、いっしょに施工/撤去します。施工はおそらく7/3~4、撤去はアクアカフェ竣工時になるかと思います。」

などというメールを出していたが、朝方、吉井工務店の会長から電話がかかってきて、今日、組み立てるという。
たしかに今日29日が都合がいいと言ったが、吉井さんは仕事があるというので、あきらめていたのだ。
携帯を見ると、早朝6時台から何度も電話があった。
きっと吉井さんは、急に仕事日の変更を決めたのだ。忙しいのに申し訳ない。
松尾さんが言うように、吉井さんは本当に心暖かい方だ。
幸い雨はあがっていて、芸大の野外ステージに干していた防音シートを必死で補修。午後1時 すぎ、美術館に到着。
d0141644_31886.jpg
ビティ足場を組む。
d0141644_320892.jpg
鳥居の前の構築物は、何でもスペクタクルになる。

d0141644_3211199.jpg車止めを使って、単管で腕をつける。
なるほど、これで動くことはない。
d0141644_3254557.jpg
足場を組み終えたあと、シートを大きいものに買い替えて、大学に戻ったのが夜7時。
明日からの作業に備えて、ひとり、夕闇迫るなか、シートに480x405の楕円を描く。
なんとか間に合うが、くたくた。
by peuleu2 | 2010-06-30 23:05 | アート


<< @KCUA Café_8: p...      @KCUA Café_6: t... >>