人気ブログランキング |
2010年 07月 11日
@KCUA Café_9: trouble in paradise
d0141644_2329121.jpg
7月8日(木)、夕方、「trouble in paradise」展のレセプション。
インドア派は展示物ができているが、現場施工の僕のはまだ基本構造と輪郭のみ。
建築を知らない人間、僕のやることが伝わっていない人間は、それが「作品」だと勘違いする。
無視して作業にいそしもうと思っていたが、何をしているかが伝わっていないのは、どうにもはがゆい。
チラシにはコンセプトを載せているのだが、だれがそれを読むのか。

つくる意義はあると思って取り組んでいるが、それをどう伝えたらいいのか。
口でいくら言ってもむなしい。「伝える」とは何なのか?

7月10日(土)、朝10:30から夕方17:00まで、国際シンポジウム
朝方、アクアカフェのコンセプト・シェマをなんとか作成。シンポの最中もパソコンで発表準備。
天気がいいので、議論などに時間をつぶさず、屋外で作業を続けたかった。
シンポジウムの発表は、David Dunnのが最良。

d0141644_10265752.jpg
7月11日(日)、朝から雨で作業できず。
午後は、David Dunnのマイク製作ワークショップに参加。
作曲家の藤枝守さん、椎原保さんも参加。なつかしい3人組。
d0141644_10334345.jpg
帰宅後、気になっていたので、土塀の土くれを練って、試作の竹モデルに塗ってみる。屋根の仕上げ方が一番気になる。
江戸時代の土をよみがえらせるとはいえ、だれもしたことがないことだし、いったい乾くとどうなるのか。色は? ヒビは?
d0141644_1034615.jpg
上から塗ると、下=ドームの内側はこうなる。
フセニの家の天井を思い出す。悪くはないが。
by peuleu2 | 2010-07-11 23:28 | アート


<< @KCUA Café_10: ...      @KCUA Café_8: p... >>