2009年 03月 20日
Museum Quartier Wien
3月20日、続けて巨大複合文化ゾーン、Museum Quartier(MQ)を訪れる。ここも前回来たときはなかった施設。
ウィーンが誇る建築文化を紹介するウィーン建築センターArchitekturzentrum Wien
クリムトやシーレら、ウィーン近代美術を収蔵するLeopold Museum、
オーストリア最大という近現代美術館MUMOK (Museum Moderner Kunst Stiftung Ludwig Wien)
現代美術の企画展を行うKUNSTHALLE wien
などをはじめ、デザインフォーラム、ダンスシアター、子供美術館、アーティスト・イン・レジデンスなどが同居する。

ウィーンは芸術文化が売りなので、ウィーン観光案内 Wien infoもじつに充実している。特に建築と美術、音楽に関しては、このサイトがあればどんなウィーンガイドも不要になる。便利なウィーン建築マップもこのサイトでダウンロードできる。
d0141644_5362460.jpg
MUMOK。企画ではオーストリアの女性画家Maria Lassnigの回顧展と、ナム・ジュン・パイクの「全感覚のための音楽」展をやっていた。
d0141644_5403850.jpg
d0141644_541775.jpg
MUMOKが企画する野外展示OUT SITEでは、オーストリアの彫刻家ミヒャエル・キエンツァーMichael Kienzer (1962~)の二つの作品が展示されていた。
中庭には、内部を赤・青・黄の三原色に塗った3台の空っぽのトレーラー、MQの外側には、既製品のドアで空間を四角に区切った作品。知らない彫刻家だが、オーストリアでは売れっ子らしい()。

KUNSTHALLEでは、"The Porn Identity : Expeditionen in die Dunkelzone"という、ポルノと美術の関係を扱った企画展(デュシャンからキューブリック、最近の映像作品まで)をやっていた(3. Februar - 01. Juni 2009)。
KUNSTHALLEは、他に2つのプロジェクト・ルームを市内に持っているようだが、今回は時間がないので割愛。
by peuleu2 | 2009-03-20 23:32 | 観察


<< Sculptures et N...      akademie der bi... >>