人気ブログランキング |
2009年 03月 21日
haut tourisme à Vienna
d0141644_022376.jpg
ウィーンに来たからには、「高みの観光」をしなければならない。
というわけで、滞在最終日の3/21、カールス教会 Karlskircheのクーポラにのぼってみた。
d0141644_4353521.jpg
天井に描かれたJohann Michael Rottmayrの巨大なフレスコが修復されて公開されている。
改装や修復の様子も見せるというのは、一石二鳥のいいアイデアだ。観光客からお金を取れるし、文化財に対する理解を促進できる。
エレベーターがついていて、年間20万人近くの見物客が上にのぼるらしい。
高さ35mから見れるウィーンの眺望は値打ちがあった。
d0141644_445136.jpg
もうひとつ、ウィーン名物・プラーター公園大観覧車 Riesenrodにも乗ってみた。
僕自身は人の混む観光地を避ける傾向にあるが、ここは1873年にウィーン万博が開かれた場所。
その万博に参加した明治日本は、そこで「美術」という訳語を生み出し、「近代」に突入する。

レトロな雰囲気を漂わす大観覧車からは、高層建築群のドナウ・シティDonau-City(1996)も遠望できる。やはりウィーンは、時間のコラージュシティだと実感した。
by peuleu2 | 2009-03-21 23:50 | 観察


<< formes de soute...      Adolf Loos ou c... >>