人気ブログランキング |
カテゴリ:未分類( 6 )
2008年 05月 11日
Monsieur Namba
d0141644_14552955.jpg

岡山の小野和則氏が、児島のアトリエで難波道弘氏の最後の茶会を開くというので、10日(土)夕方、草津での湖都楽母のコンサートのあと、そのまま車で岡山に向かった。

かつてはいっしょに展覧会を、という話もあったが、難波さんのからだの具合が予測できないので、小野さん個人でアトリエ開きを兼ねた茶会を企画したのだ。
難波さんは大正4(1915)年8月6日生れだから、今年で93歳。昨年末に訪れたときも会えなかったし、ご家族から最近の様子を聞いて心配していたが、翌11日、お会いしてみたら、意外とお元気でほっとした。
まもなく大阪から三島貴美代さんも来訪。なつかしい顔ぶれの再会となった。
d0141644_1525146.jpg
僕は岡山時代、難波さんとそのまわりに集まった多様な事物と出会うことで、美術への新しい視点をもつことができた。
それは、モノの価値を根本から問い直し、変換/再編する術としての美術、といったらいいか、その意味で、僕の大事な恩人のひとりだ。

難波さんは、外見がデュシャンに似ている。
やせ形の知的な老人というのは、古今東西みな似てくるのか。
難波さんにデュシャンのポスターをもたせ、"Be twin —Mr.N & Mr.D"と題した写真をプレゼントしたことがある。それを小野さんがカラーコピーで拡大して額装し、アトリエに飾っている。
10年の歳月がすっかり映像を色あせさせていた。
そう、僕は、この万物を浸す時間の海と対話することから、自分の美術活動を始めたのだ。
d0141644_15145281.jpg
このアトリエの一角に、僕自身が難波さんから提供を受けたスペースがある。岡山時代はよくここでドローイングをしたり、自由工場のための作品づくりをしたりした。
たった2年ほどのあいだだったが、その場に立つと、当時の記憶、音やにおいがよみがえってくる。
建物再建の話もあるというので、自分のコーナーをかたづけ、作品や道具を持ち帰ることにした。
児島の拠点がこれで消える。少しさびしいが、しかたない。
d0141644_15205487.jpg
小野和則さんと出会ったのが1983年秋。デザイナーをしながら『美術手帖』の展評を嫌々やり、自分の道を模索して、悶々としていた時代だ。
三島貴美代さんとは80年代末に京都で出会って、なぜか気に入られ、その後ずっと交流させてもらっている。老いてますます盛んな100%アーティスト。
彼らといると、自分が美術家としてふがいなく思えてくる。

年内にもういちど難波さんをおたずねしたいものだ。




by peuleu2 | 2008-05-11 23:58
2008年 04月 06日
Reparer la voiture
d0141644_811731.jpg
d0141644_831278.jpg

3月23〜31日、モロッコに行った。
今回の目標は、砂漠を体験することと、ベルベル人のカスバのデザイン研究。
まだ道路事情のわからないモロッコで車を運転する自信がないので、
昨年知り合ったベルベル人ガイドのアブドさんにガイドを頼んだ。

値切ったからか、車は砂漠用のランドクルーザーではない4輪駆動の普通車。
やはり、非舗装道路を走り続けると傷む。

Merzougaの砂漠からの帰り、カスバ街道沿いの町Boumaln Dadèsで、いっしょにはずれかかったバンパーを直す。
しかし、適した接着剤など売ってないので、拾ったヒモで無理やりくくり付けた。
(右がアブドさん)
d0141644_813333.jpg

モロッコといわずアフリカは、なんでも手当たり次第に利用して手でモノを加工したり直したりするので、大好きだ。当分アフリカにのめりこみそうだ。これが昨年の文化庁在外研修の成果といえるかもしれない。
by peuleu2 | 2008-04-06 08:16
2008年 02月 03日
dessins naturels
d0141644_1243399.jpg
d0141644_12431469.jpg

柔らかい水底では生きものたちによるさまざまなドローイングが見いだせる。
貝たちが、自分の移動の痕跡がどのような線を描いているか、知っているわけはないと思うが、なかには意識的に描いたような線、味のある線がある。
ドローイングの速度について考えこむ。今年は速度のことをじっくり考えてみたい。

(2008年2月2日、彦根城の玄宮園の池で)
by peuleu2 | 2008-02-03 20:16
2008年 01月 04日
Biosphere 2
d0141644_15531363.jpg
d0141644_1626467.jpg
2008年1月3日 10:00AM  バイオスフェア2を訪れる。
バイオスフェア2は、今回の研修旅行の目的地のひとつ。フェニックスから車で2時間、アリゾナ州オラクル Oracleの砂漠のなかにある史上最大の閉鎖生態系の実験施設。
総面積1.27haの内部に、第二の地球と称して、熱帯雨林、海洋、湿地帯、砂漠などの典型的な生態系が人工的につくられている。
8人の科学者が2年交代で100年間、この閉鎖空間の内部で生活するという当初の実験の目的は、周知のように1994年に無残な失敗に終わり、管理者が何度か代わったあと、現在はアリゾナ大学の教育施設として、一般見学者にも開放されている。
d0141644_15542870.jpg
内部はガイドツアーで見学してまわる。大人一人20ドルだが、4人だったからか、18ドルになった。ここは人工の砂漠生態系。地下に巨大な給水施設がある。ガラスの向こうにみえるのは、South Lungと呼ばれる巨大な気圧調整室。
d0141644_15572222.jpg
South Lungの内部。バイスフェアの肺というだけあって、天井の円盤が昇降することで、パイプでつながった温室に空気の潮汐 Air tideをつくり出す。ガイドが下降のデモンストレーションをしてくれた。かたちとスケール、緩慢な上下運動とそれが生み出す巨大な風圧がアートとも呼べる気配を発散している。「肺」はもうひとつ西側にもある。
d0141644_166184.jpg
d0141644_1665185.jpg
海洋 Oceanと呼ばれる人工池では、人工的に波を作り出して、渚らしきものを配している。だが上の遊歩道から見下ろしてすぐ、この渚は死んでいると直感できた。
案の定、地下からガラス越しに見ると、藻類が大量発生し、底で軟泥化している。いわゆるGreen Slime。機械的に生み出された波が、規則的な揺れをつくりだしているが、京大の森本先生によると、生きた波はただ規則的な反復ではなく、大きな不規則性を内包していて、そうした乱れがないと自然の生命は延命できないという。風がなくてまわりの空気がたえず動いていないと、木が枯れてしまうのと同じ。
個々の要素がいくら正しくても、それらの加算集合だけでは生きた全体は得られないという自然の教え。規則と不規則、秩序と乱れの動的バランスとしての生態系。
バイオスフェアが建設された80年代は、まだこうした複雑系のメカニズムが十分に認識されていなかったという。
d0141644_16265356.jpg
中にいるとそう感じないが、外から見ると異様なまでに大きく感じる。まわりは本物のアリゾナの砂漠。空の青がとても深い。
by peuleu2 | 2008-01-04 22:36
2008年 01月 03日
Osaka - Detroit - Phenix
d0141644_1921415.jpg
2008年1月2日 1330 関空 発 NW070
同日      1130 Detroit 着 1555 Detroit 発 NW263
同日      1825 Phenix 着

彫刻の松井紫朗さん、京大農学部の森本先生、同学生の小田君と4人でアメリカへ。
ミシガンのデトロイト空港はノースウェスト航空のハブ空港。鈍重な直線的デザインのマンモス空港。自動車産業の町らしく、やたら日本人が多く、英語と日本語の二カ国表示。構内に金子潤さんの陶彫が飾ってあった。
ここから西へ戻るかたちでアリゾナのフェニックスへ。計15時間以上の長旅。

d0141644_195866.jpg
久しぶりのアメリカ。やはり食事はヴァリューム過剰。

フェニックスは、上空から見ると、アリゾナの荒野に浮かぶ巨大人工都市。
ヨーロッパでは見かけないスケールの光景に息を飲む。座席が窓から遠くて写真を撮れなかった。
空港からHertzのレンタカーでホテル Quality Inn at Phenix Airport へ。
by peuleu2 | 2008-01-03 19:07
2007年 12月 31日
Lessons of time
d0141644_17265998.jpg
2007年12月29日、金比羅詣での帰途、久しぶりに児島のアトリエ《Lessons of time》に立寄る。
ここは、僕の美術活動の第二の出発点だった。
14年前のちょうど今ごろから、この難波産業の旧染織工場に通って、翌春にひかえた京都での個展「時間のレッスン」の準備を始めたのだった。
その少し前から、この工場は、難波産業の会長である難波道弘さんの好意で、小野和則さんがアトリエとして使いはじめていた。「時間のレッスン」展を難波さんに気に入ってもらえて、終了後、僕もこの旧工場の一角をアトリエとして使わせてもらえることになり、小野さんと共同でこの看板をつくって掲げたのだった。

難波道弘さんは、僕がそのときまでに出会った中で最高の、茶人にして経済人、水泳の名人にして美術愛好家、いわば近代日本最後の芸術パトロンといえる人物。
時がすぎ、その難波さんも今年で92歳になられた。小野さんも大佐町に新居をつくって、まもなくここを撤収するという。いつかここも建替えられるのだろう。

なかに入ると、埃っぽい、ひんやりした空気が足許からからだを浸してくる。万物を浸す時間のプールが、ここにいると見えてくる。

フランスから日本に帰ってきて、この出発点に立ち戻れたのも何かの機縁だ。
もう一度、「時間のレッスン」を。死ぬまでずっと。
d0141644_17273840.jpg






by peuleu2 | 2007-12-31 17:27