人気ブログランキング |
<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2008年 05月 11日
Monsieur Namba
d0141644_14552955.jpg

岡山の小野和則氏が、児島のアトリエで難波道弘氏の最後の茶会を開くというので、10日(土)夕方、草津での湖都楽母のコンサートのあと、そのまま車で岡山に向かった。

かつてはいっしょに展覧会を、という話もあったが、難波さんのからだの具合が予測できないので、小野さん個人でアトリエ開きを兼ねた茶会を企画したのだ。
難波さんは大正4(1915)年8月6日生れだから、今年で93歳。昨年末に訪れたときも会えなかったし、ご家族から最近の様子を聞いて心配していたが、翌11日、お会いしてみたら、意外とお元気でほっとした。
まもなく大阪から三島貴美代さんも来訪。なつかしい顔ぶれの再会となった。
d0141644_1525146.jpg
僕は岡山時代、難波さんとそのまわりに集まった多様な事物と出会うことで、美術への新しい視点をもつことができた。
それは、モノの価値を根本から問い直し、変換/再編する術としての美術、といったらいいか、その意味で、僕の大事な恩人のひとりだ。

難波さんは、外見がデュシャンに似ている。
やせ形の知的な老人というのは、古今東西みな似てくるのか。
難波さんにデュシャンのポスターをもたせ、"Be twin —Mr.N & Mr.D"と題した写真をプレゼントしたことがある。それを小野さんがカラーコピーで拡大して額装し、アトリエに飾っている。
10年の歳月がすっかり映像を色あせさせていた。
そう、僕は、この万物を浸す時間の海と対話することから、自分の美術活動を始めたのだ。
d0141644_15145281.jpg
このアトリエの一角に、僕自身が難波さんから提供を受けたスペースがある。岡山時代はよくここでドローイングをしたり、自由工場のための作品づくりをしたりした。
たった2年ほどのあいだだったが、その場に立つと、当時の記憶、音やにおいがよみがえってくる。
建物再建の話もあるというので、自分のコーナーをかたづけ、作品や道具を持ち帰ることにした。
児島の拠点がこれで消える。少しさびしいが、しかたない。
d0141644_15205487.jpg
小野和則さんと出会ったのが1983年秋。デザイナーをしながら『美術手帖』の展評を嫌々やり、自分の道を模索して、悶々としていた時代だ。
三島貴美代さんとは80年代末に京都で出会って、なぜか気に入られ、その後ずっと交流させてもらっている。老いてますます盛んな100%アーティスト。
彼らといると、自分が美術家としてふがいなく思えてくる。

年内にもういちど難波さんをおたずねしたいものだ。




by peuleu2 | 2008-05-11 23:58
2008年 05月 02日
écouter la ligne
d0141644_00336.jpg

5月1日、神戸アートビレッジセンターから出品依頼のあった「音箱」展の作品をようやくしあげて発送する。
マイクの集音能力がわからず、また再録音できないと思っていたので、とにかく一回限りの行為の録音に神経を集中する。
終わって聞いてみると、やはり音が小さくて聞こえにくい気がする。まあコンセプトとしては混じり気がないので、よしとしよう・・・いつもながら締切ぎりぎり。

このユニークな企画をしたKAVCの林正樹さんは、抜群のシルクスクリーンの腕前を持ちながら、職人気質をもって施設の活動を裏から支えている。新開地アートストリート以来、何かとお世話になっていて、僕が信頼をよせる数少ない若き美術関係者のひとり。美術界にはこういう渋い「エンジニア」が少なくなった。
僕自身、美術家というより美術思考のエンジニアでありたいと最近思うようになった。まだまだ修業が足りないが。
by peuleu2 | 2008-05-02 00:05 | アート