人気ブログランキング |
<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2009年 11月 30日
jardin japonais Hekiun-so
11月30日(月)、午前10〜11時、南禅寺北にある碧雲荘庭園を見学する。

例の疏水扁額案内板デザインのご褒美だろうか、疏水事務所の岡本所長の特別のはからいによる。
非公開なので、これはたいへんありがたかった。

碧雲荘は、野村財閥の二代目・野村徳七が、自らの手でつくりあげた別荘で、1928年に完成。現在は国の重要文化財。
東山を借景にした広大な庭は、植治が担当(一期は7代目の息子・白楊、二期は7代目小川治兵衛)。
意匠とスケールは無鄰庵をはるかに凌駕、明治以降、最高の普請道楽と見た。

植治の庭はいずれも、琵琶湖疏水を引き入れることで、水がたえず流れ、さまざまな動きを各所に生み出している。借景にした東山(碧雲荘の場合は、南禅寺山)から直接、水がやってくるようにみせ、西から東へと、人里から渓谷への風景の変化を多彩にアレンジしている。
石をたてずに寝かせおくことも、それまでの伝統的な造園とはちがう。

文化財クラスの飛鳥時代の石の導水管を奈良から運び込んで、蹲踞に転用しているところなど、茶人・徳七と庭師・植治の、今では信じられない豪華なやりとりが目に浮かぶ。
「植治や、蹲踞にぴったりのいい石が飛鳥で出たぞ。これを使ってみい。」

燕庵の写しを含め、8件の茶室。随所にちりばめられた変わり燈篭。水に沈められた蹲踞。山を移す広大な水面に張り出す能舞台。巨岩につながれたように見せてある船小屋と屋形船「蘆葉舟」。。。

庭は、移動する身体と地形、視野の変化をつなぎながら、引用と転用、想起と見立ての錯綜体として構成される。
その手法に学ぶものは多い。
by peuleu2 | 2009-11-30 23:49 | 観察
2009年 11月 29日
fieldwork autour du Canal Lac Biwa
11月28日(土)、学生たちと蹴上あたりの疏水フィールドワークを行なう。
ネジリマンボから、疏水第3トンネル出口、発電所取水口、南禅寺水路閣、疏水記念館を経て、並河靖之七宝記念館と無燐菴の植治の庭をまわる。
d0141644_1151483.jpg
虫の歩行線。インクラインにて。

d0141644_1152856.jpg発電所への送水管の取水口にあるゴミ移送用のベルト・コンベア。
関西電力の社宅に住んで7年間、取水口に流れ着くゴミを処理してきた一家のご主人の言うには、犬や鹿、猪などの動物の死体以外に、1年にどこかの発電所でたいてい一体は必ず自殺者の遺体があがるそうだ。

d0141644_134753.jpg
また、来年1月6日の止水日のとき、第3トンネルの出口に土嚢を積むそうだが、そのとき、数十匹のでかいソウギョがかかるという。これは行かねばなるまい。
d0141644_1154061.jpg
水路閣の手前。カーブする水路が鉄で補強してある。「彫刻」を感じる。

「"関係"をみつけよ」との課題を出したが、学生たちはそれ以前に見るもの・聞くものが刺激的だったようで、新しい発見の成果は期待できそうにない。
by peuleu2 | 2009-11-29 01:43 | 観察
2009年 11月 16日
position_7
d0141644_23571548.jpg
d0141644_02541.jpg
d0141644_023576.jpg
d0141644_024996.jpg

ひさしぶりに "Position"の観察記録。2007年7月13日以来か…。
by peuleu2 | 2009-11-16 00:03 | 観察
2009年 11月 09日
6 panneaux de guide pour le canal de Lac Biwa
11月8日(日)、快晴。琵琶湖疏水記念館のリニューアルオープンに合わせた「疏水ウォークの日」(主催:京都市上下水道局)。デザインした6つの扁額案内板を見てまわる。
業者からは、11/2に設置を終えたという連絡をもらっていた。
3つのトンネルの出入口に一つずつ。

う〜ん、色は悪くないけど、地図の中の指示線がいくつかとんでいる!
刷り出しのとき、最終チェックできなかったからなあ。。。ボランティアだしなあ。。。

d0141644_338274.jpg第一トンネルの入口をのぞむ。

d0141644_3382831.jpg第三トンネルの出口。

消炭色の背景の図形は、疏水の断面図から起こしたもので、トンネルごとに色を変えた。

・あさはなだ
・やまばといろ
・けしあか
d0141644_340389.jpg第二トンネル入口。
この日のイベントの係員をつとめた水道局の職員さん。

疏水事務所所長はじめ、水道局の人たちは、案内板がイベントにまにあったとご機嫌。
う〜ん。。。
だれも欠陥に気付かないとはいえ、作り手は目をつぶってはいけない。
瀬尾プラさん、訂正してくれるよね。責任ですよ。

d0141644_1492823.jpgこの日よかったのは、第一竪坑(シャフト)をみつけたこと。
たしかに屋根が落ちている。
ここから疏水トンネルに下りてみたい。

by peuleu2 | 2009-11-09 03:46 | デザイン
2009年 11月 09日
cabane de paille
11月6日、科研の申請書をなんとか書き上げて提出する。

d0141644_23391491.jpg
11月7日(土)、藁集めの続きと、藁小屋の手直し。
この時期しかとれないので、ちょっとあせりながら、大五さんの田んぼから、車いっぱいに4杯ぐらい運んだか。
d0141644_23445613.jpg
芸大の丘の上、「つちのいえ」の傍らに、とりあえず掘っ立てた小屋に藁をつめる。
機械で刈り取った直後に束ねればきれいなのだが、手で集めて束ねるので、積み重ねても美しくない。
藁は、水に濡れなければ一年ぐらいは持つと、お百姓さんから聞いた。
来年夏の近美での「生存のエシックス」展で制作予定の土壁に使うだが、
こうしてみると、まだ足りない気がする。
d0141644_23382392.jpg

足りない気がしたので、小屋を30cm高くし、その後も時間をみつけて藁を集め続ける。
11月26日、とりあえず小屋いっぱいになる。
これで足りるかな・・・
by peuleu2 | 2009-11-09 03:18 | その他